top of page

車山神社・天空の新嘗祭

11月23日、車山神社にて「新嘗祭」を執り行いました。


新嘗祭とは、「新」は新穀(初穂)、「嘗」は御馳走を意味し、天照大御神(あまてらすおおみかみ)はじめすべての神様に新穀をお供えして、神様の恵みによって新穀を得たことを感謝するお祭りです。


また、新嘗祭と同時に「お結び神事」も執り行いました。


「お結び神事」とは、一年の五穀豊穣(秋の実り)に感謝する新嘗祭に準じ、お米に関する神事です。

「おむすび」は漢字では「御結び」と書きます。「結ぶ」には、場所や機会などのご縁を結ぶという意味や結んだ方がお米に想いを込めてお結びを握り、召し上がった方が結ばれるという意味があります。

御神前にてお清めした神米・神塩・御神水を焚き上げ、参列者に「お結び」をしてもらい、「秋のみのりに感謝」と「自身の願いや想いを込めて」自ら召し上がっていただきました。



皆様の心身が健やかであります様に。

閲覧数:12回0件のコメント

Comments


bottom of page